瑕疵保険について

新築住宅は瑕疵保険は法律で義務付けになりますが、リフォームはそうではありません。
ケイトゥーワンホームではリフォーム工事に限り無料で瑕疵保険が付きます。


「住宅かし保険」

例えば、住宅を新築する時は建築基準法が定めた耐震性能を確保しなければなりませんが、出来上がった住宅がその性能を満たさない状態が「瑕疵」です。この場合、売主または請負業者は、補修により必要な性能を確保する義務があります。

上記のような「瑕疵(かし)」が発生した場合(事故といいます)の補修費用を補償するのが「住宅かし保険」です。
瑕疵担保責任がある事業者が保険を申し込み、契約します。
保険の申込後に、建築士の検査員が瑕疵そのものを予防するために保険対象部分の検査を行うので、一定の品質を確保できます。
保険期間内に保険対象の事故が起きたときに、もしも事業者が倒産・廃業していたら、購入者(居住者)が直接保険法人に保険金を請求できます。

株式会社日本住宅保証検査機構より

 

リフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから